読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダナンで出会う愉快な仲間たち

ダナンとダナンで知り合った仲間を紹介

結婚式 2回目

 今日は、会社の同僚E1君の結婚式でした。ベトナムの結婚式に出席させてもらうのは、2回目です。前回の教訓を活かして出席しました。     いやぁ、そのつもりだったんですけどね。でも、今回も撃沈です(-_-;)

 

前回はB1君の結婚式でした。ダナンに来て3ヶ月がたった頃です。最初だったので、勝手がわからず、同僚の女の子に聞きました。

「あっ、6時開始ですね。じゃあ、5時半に行けば大丈夫ですよ」

「(そうだよな、6時だもんな) そうか、ありがとう」

 

と言うことで、途中タクシーのドライバーが会場をよく知らなかったので、ちょっと遅れて5時40分に着きました。

ん?誰もいない… でもまぁ受け付けだけはしてくれたので、一人寂しく待っていました。6時・・・ 誰も来ない。??? 6時15分。来ました!

 

結局、始まったのは6時45分。「そうだよなぁ。ここは、ベトナムなんだよなぁ。」と自分に言い聞かせましたよ。聞き相手を間違えてたみたいです(-_-;)

 

でも始まってみれば、何を言ってるかわかりませんが、すごい盛り上がりよう。みんな楽しそうです。やっぱり、ベトナムです。日本の結婚式と違って、来た人はみんな祝ってくれて、自分も楽しむんですね。「いいね」をしてしまいました。

 

ところで、この新郎のB1君、2ヶ月前にお客さんの接待の場で聞いたときは、「彼女はいません」とはにかみながら言ってました。それが、今日!こいつ嘘ついたな と思いましたが、後で他の人に聞いたら、どうも本当だったようです。でも普通じゃないそうです。大丈夫かなぁ…

 

あっ、E1君の結婚式のことを書こうと思ったのにB1君の話になってしまいました。じゃあ、また後日ということで。

8か月たちました

 

f:id:kerokero1604:20170114123308j:plain

 

シンチャオ!

気がつけば、ここダナンに来て8か月がたっていました。あっという間です。でも時間の流れが全く違いますね。あっという間だったけど、いっぱい中身の詰まった8か月だったような。

数十年間、日本の某IT企業で働きましたが、ここに来て、こんな働き方、生活があったかとまさに目から鱗状態です。

 

ベトナム人って時間は守らないし、交通ルールは守らない、でもそれでも、なんか憎めないんですよねぇ。悪いとも思っていないみたいだけど、「にこっ」と笑ってくると、「まっ、いっか」となっちゃうんですよね。怒ったりする方が馬鹿みたいに思えてしまうようなね。

ベトナム人は、日本人に似てとても勤勉だと言う人もいますが、あくまで他のアジアの国と比べてということかもしれません。まぁ、勤勉だからどうだというのは、別の話ですけどね。

この8か月のうちにダナンでいろんな人に出会いました。今も新しい出会いが続いています。ベトナム人は当然ですが、日本人もたくさんいます。その出会った人たちのことを忘れないように(忘れていい人もいるけど)アルバムを作ってみたいなと思ってこのブログを思いつきました。いつまでもつか…がんばってみましょう。